FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.11.14

別れの週。。。

先週 15年振りに連絡をくれた人がいた。。。

10代の時に 同棲していた女の子のお母さん。。。

久しぶりに あの子の事を話したいとのことだった・・・


すこし 昔話になりますが

すごく自分の家は貧乏だったのと 学校という場所が嫌だった自分は 

おかんの兄弟がしている水商売を10代のときから手伝うようになりました。。。

もちろん最初は裏方であらいものなんかの雑用をさせてもらっていたんですが 

お客様が飲み物をこぼされた時に

おしぼりをとどけに BOXまでもっていったら よろこんでいただいて

早いうちからテーブルに着かせてもらっていました。。。

そんな時に お父さんと 弟を 交通事故で亡くされたお客様が来店されました・・・

初めのうちは なにかと可愛がっていただいていて 

自分も ねーちゃんみたいな感じで おしゃべりしたりしてたのですが

自分の中で何かが変わり始めて ムリだどは分かってましたが

毎日のように付き合ってくださいと言い続けていたら

ある日 いいよって返事が返ってきました。

正直 自分が言っていた事なのに信じられませんでした。

その返事をもらってから 1週間しないうちに一緒に住むようになりました。

その人はMさんといって普通のOLさんでした。

一緒に住むようになって毎日が楽しくて楽しくてうかれていて

いつの間にか いて当然の様になっていました。。。

同棲するようになっても自分は店に出ていて お客様のアフターなどで

帰るのはいつも朝方なのにご飯を待っていてくれるような そんな優しい人でした。

そんな楽しい生活なので あっというまに 3年の時が流れました。

定休日というものが無い店でなかなか休みも取れなかったんですが

久しぶりにお店がオーナーの都合で休みになった時があった・・・

いったい いつぶりの休みなんやろ?っと自分に問いかけながら

Mの待つ マンションへ急いで帰った。いつものとてもやさしい笑顔で おかえり

その一言で疲れがなくなるような気がした。

僕はMに明日 休みになってんけど M 明日会社休めへん?と聞いてみた。

当然 なんで?って言う返事がかえってきました。

オレあした 休みになってんけど 久しぶりに どっか行かへん?

Mは黙ったまま たてに首をふりました。

どっちやねんと思い 行く?行かへん?って聞きなおすと

すこし涙ぐんで 行くってちいさな声で言いました。

それからどこに行くか2人で いろいろ悩んで Mの意見を聞くと

遊園地に行きたいと言いました。

前から言われていたのですが なかなか時間がつくれず 流れていた所です

僕は朝に お客様と買い物に付き合う約束があったので

11時出発な!と言って お風呂に行きました。

あがってみると 明日着る服を うれしそうにえらんでいる M

たまには 休みをもらっていろいろ 連れて行ってやろっと心の中で思いました。

次の日お客様との買い物が 長引いてしまいマンションに帰れたのが

12時を過ぎていました。あやまれば だいたいのことは 許してくれるのに

その日は違いました。無言のままいちよう 遊園地に行きました・・・

なにがあって どんなとこだったかなんて ほとんど 覚えていません。

それから3日間 口もきいてもらえませんでした。

それも自分の誕生日前の出来事です。今年は最悪な誕生日になるなと思っていました。

誕生日の日に今度は Mから仕事休んでほしいと 言われました

この前のことがあるので イヤとはいえず仕事を休んだ僕

そして プレゼントされたのが 有名ブランドの自動巻きの時計でした。

いらないとも言えず ありがとうと 言って受け取りました。

つけてつけてと うれしそうに言う M めちゃめちゃイヤでしたが

着けてみるとすごく 喜んでくれて いっきに機嫌がなおったので

しばらく着けてみる事にしました。

そしたらオーナーからも最近時間に来るようになったねって言われました。

お客様からも同じことを言われて みんな同じ事を思っていたみたいです。。。

時間にルーズなのは時計をしていても すこしマシになった程度です・・・

自分の誕生日から10日が過ぎた日のことでした・・・

いつもと同じようにアフターを済ませて家に帰ると 電気もテレビもつけたまま

寝ている彼女 疲れてんねんなと思い先に お風呂に行きました。

お風呂からあがって ご飯食べよと 声をかけても返事がなかったので

おかしいなと思い覗き込んでみると すでに 彼女は息をしていなかったので

あわてて 救急車を呼んで病院に連れて行きました。

医者に言われたのが 後 1時間早ければ 

もしかしたら 助かっていたかもという言葉でした・・・

何がおこったのか わからなくなって 真っ白になりました・・・

お葬式の日に おかーさんからMがつけていた日記ですと

日記を渡されました 

OOとMの2人の生活というタイトルで 3年分ありました。


誕生日前の日記の1文です

OOには 前から許せない事が1個ある!OOは時間にルーズすぎる

時計をしてと言っても時間にしばられるのは イヤとか言って絶対にしない

誕生日も近いし しばらく反省させて誕生日に時計をプレゼントしよう

そしたら イヤイヤでも 着けるだろう 私ってなかなかやるぅー

でも仕事が仕事だから 安物だったら 笑われて恥ずかしい思いするかも

あぁ 予算が・・・


心に残った別の 1文です

いつも自分のやりたいようにやっているOOを私はいつでも応援している

〇〇は自分勝手なヤツやから 一緒にいると 大変やろ とか言われるけど

OOほど自分に正直な人はいない 夢を途中であきらめた私には

応援しかしてあげれないけど こんな私を誰よりも大切にしてくれる

仕事が仕事なので やきもちをやくことも毎日だけど

いつも ちゃんと 私のところに 帰ってきてくれる

今日も帰りは 朝かな?OO おじーさん おばーさんになっても

一緒にいようね いつも素敵な時間をありがとう 

〇〇と出会えて本当に幸せ  M


彼女の事を 気持ちの中で整理するのには時間はかかりませんでした。

それは 彼女のお母さんが 娘はいつも 幸せだって言ってましたと

教えてくれたのと 娘の分も頑張って 幸せになって夢をつかんでくださいと

優しい言葉をかけてくれたから・・・

そんなお母さんから呼び出されたのは今週の火曜日・・・

場所はとある病院だった・・・

水曜日の深夜に他界されたとの連絡があり葬儀に行ってきました。。。

改めて幸せについて 深く考えさせられる 悲しい日の出来事でした。。。

いきなり重い話しですいません。最後まで読んでくださってありがとうございます。。。

コレ素敵な曲ですよね。。。





この記事へのトラックバックURL
http://soulsurfers.blog20.fc2.com/tb.php/99-60ec119c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2009.11.14 20:14 | 編集
ぼくは、彼女がなにを思いながら日記をつけていたかを考えると、胸が絞めつけられる!

それはキミも同じだろうけど。。。

Posted by なおき at 2009.11.16 14:24 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。